自動車保険 相場 年間

自動車保険の相場を簡単に知る方法

自動車保険 保険料 相場

自動車保険 料金 相場

自動車保険 費用 相場

自動車保険 安い 相場

自動車保険 最安値 相場

自動車保険 格安 相場

 

自動車保険の相場ってどのくらいなのでしょう?

 

毎年払うものなので、相場より高いのか安いのかは実に気になるところです。
保険料は安い方が助かりますが、いざというとに役に立たないような保険では意味がありません。

 

自動車保険の保険料を決める要素には、加入者の年齢・免許の種類・ノンフリート等級、自動車の車種・年式・走行距離・利用目的など様々あります。

 

あなたと全く同じ条件の人の見積もりを探す方が、骨の折れる作業です。

 

あなた自身の相場を知りたいのなら、一括見積もりがオススメです。

 

 

1回情報を入力するだけで複数の自動車保険会社から見積もりが取れるということは、同じ条件で保険料を比べることができるということです。
24時間365日、いつでも見積もりを依頼することができるので、忙しくて時間のない方にもピッタリです。

 

是非一度、ご利用ください!

 

 

自動車任意保険の補償

 

自動車保険 補償

 

さて、自動車の任意保険にはどのような補償があるのでしょうか?
大きく分けると4種類の補償になります。

 

1)対人賠償 2)対物賠償 3)人身傷害 4)車両保険の4つです。

 

1)対人賠償:任意保険に契約した車で他人に怪我を与えたり、傷害・死亡させて法律上の損害賠償責任を負った場合に、相手の治療費や慰謝料などを補償するもの。

 

契約時に設定した保険金額が上限です。 

 

2)対物賠償:任意保険に契約した車で他者の車や壁、電柱など他人のモノを壊してしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償するもの。
契約時に設定した保険金額が上限です。 

 

3)人身傷害:任意保険に契約した車に乗車中の事故で、自分・同乗者が怪我・傷害・死亡した時に過失割合に関係なく実際の損害額に対して保険金が支払われます。 

 

4)車両保険:任意保険に契約した車が事故で破損した場合や、イタズラをされた時に修理費などを補償するもの。
契約時に設定した保険金額が上限です。

 

車両保険には補償範囲の広い「一般型」と限定された「エコノミー型」があり、保険料が異なります。
車両保険の保険料を節約したい人は「エコノミー型」がオススメです。

 

この他にも、特約などを付加して自分の希望にピッタリ合う任意保険にカスタマイズしていきます。
保険会社によっては特約がもともとついているものもありますので、しっかり内容を確認してくださいね。

 

 

任意保険の補償の設定

 

自動車保険 補償 金額

 

自動車保険には@対人賠償 A対物賠償 B人身傷害 C車両保険があることがわかりましたね。
この4つの補償額をいくらに設定するかによって、年間の保険料が大きく変わります。オススメの補償額は以下の通りです。

 

@対人賠償は無制限で契約しましょう。 
A対物賠償は無制限で契約しましょう。 
B人身傷害は3000万円〜保険料に応じて契約しましょう。 
C車両保険は車のローンの有無、買い替えの検討などを考慮して契約しましょう。

 

細かくみていきましょう。

 

@対人賠償は無制限で契約しましょう。 
もし事故の相手を死傷させてしまった場合、億単位の請求が来ることもありますので対人賠償は必ず無制限で契約しておきましょう。

 

A対物賠償は無制限で契約しましょう。 
事故相手の車やカードレール・信号機などの修理は工事費用もかかるため数百万円に及ぶこともあります。こちらも無制限で契約しておきましょう。

 

B人身傷害は3000万円〜保険料に応じて契約しましょう。
実際にかかった損害額に対して支払われる人身傷害、最近は無保険で車を運転している人も多いので、自分のために最低限でもいいのでつけておきましょう。 

 

C車両保険は車のローンの有無、買い替えの検討などを考慮して契約しましょう。
車両保険は保険料がかなり上がるので、必要に応じて加入しましょう。
例えばローンが残っている車や事情価値の高い車は加入しておくと安心です。